擁壁の工事で大切なこと
サービスご利用の流れ
他社の一括見積りとの違い
施工例
擁壁豆知識
あなたにぴったりの業者の選び方
見積書チェックポイント
このサイトを利用した方の声
サイトを立ち上げた理由
擁壁工事安心見積サポート
=5つのミッション=
よくある質問
擁壁に関する質問


トピックス(地盤に関連する最近のNews)
擁壁に関する参考資料
地盤に関して知っておきたい事
我が家の擁壁チェック
公示されている申請書類一覧(助成金制度・融資斡旋制度等)
知らないと損地盤の保険について


擁壁工事安心見積サポートnet
OTM 株式会社 (オーティーエム)
〒111-0032
東京都台東区浅草6-42
お問合せフォーム
プライバシーポリシー
パートナー会社募集
サイトマップ


  住まわれている『地域の特性』を知る (ハザードマップの活用)
ここ数年 地震だけに限らず 集中豪雨による土砂災害が多発しており、
つい最近でも 大きな土砂災害が発生してしまい、地盤に関するお問合せが殺到しておりますので、皆さまへ ご参考になれば…と思いまして、公示されました資料をご覧頂きまして、是非 お役に立てれば幸いに思います。
 ❒ ハザードマップ ポータルサイト(リンク集) (国土交通省 国土地理院)
 ・全国の地方公共団体のハザードマップを見る
 ・だれでも・どこからでも 日本中のハザードマップを まること閲覧
 ・身の周りの防災に役立つ情報をまとめて閲覧
   ※ 上記のサイトの操作の手引きは ⇒ こちらをクリック
  ◆地方公共団体での例:横浜市土砂災害ハザードマップ

 ❒ 土砂災害防止法の概要 (国土交通省)

この所の災害で この「ハザードマップ」の事が 非常に 取り上げてられてますが、
以前から このハザードマップの取り組みがあったものの、東日本大震災以降 に
急速に整理されてきたので、実際に自分の住まわれている地域が どのような地形で
どのような地域特性があるのか、閲覧出来ますので 是非 周知しておいて下さい。

また 今回の災害で、新聞や報道でも一部 云われておりましたが・・・
先祖代々から引き継がれた 地域の由来を示す 『地名』があります。
 
ps:地名由来の件は、当サイトでも申し伝えておりました  ⇒ 参考ページ
近年は、地域のイメージ などから その地名を替えられている所が多くなってしまい、
旧 地名を調べる事すら大変になってしまいましたが、今後 引き継ぐ土地として、
その地域の特性を「継承・伝達」する意味でも、是非 お調べになってみて下さい。

地盤トラブル
軟弱な地盤では、地盤が徐々に沈下し、その上の建物が地盤に追随して傾き外壁にヒビや亀裂が生じたり、ドアの開閉がスムーズでなくなったり、雨漏りが発生したりなど、いろいろな障害が現れます。
    この様な現象を
‘不同沈下’(ふどうちんか) といいます。

実際、住宅に関するトラブルの7割近くが地盤に関係していると言われ、不同沈下が原因と見られる深刻な被害報告は跡を絶ちません。

不同沈下 とは建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。
家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことです

以下のような住宅の異常は ‘不同沈下’ によるものが多く、
しかも新築から2~3年以内に多く発生する例が多いのです。

◆基礎のコンクリートやモルタルに亀裂がはいる。
◆境界のブロック塀や擁壁(ようへき)に亀裂がはいる。
◆外壁や内壁に亀裂がはいる。
◆建物周辺の土間コンクリートに亀裂が生じる。
◆室内のクロスに裂け目やよじれが生じる。
◆歩くと床鳴りがしたり、夜中に建物のきしむ音がする。
◆建具やサッシの開閉がスムーズにできない。
◆窓のカギがかからない。
◆床が一方向に傾斜して、ゴルフボールが転がる。
◆排水が流れず汚水があふれる。
◆雨漏りがする。
◆小さな地震でも大きく揺れる。

造成地の多くは 盛り土 (盛土もりど) をしています。
自重で締め固まった状態になるには 数年掛かります。

また、盛り土は転圧といって人為的に締め固めをしますが、それが不充分な場合、
建物が 
不同沈下 して傾いてしまいます。
ひな段造成などで、切り土と盛り土が混在しているような場所や、
水路などがあった場所などは盛り土が不均等で 沈下しやすくなったります。
これらの地域でも やはり 転圧不足の場合は、不同沈下の危険率が大きくなります。

コンクリートの擁壁は、工事の時点で内部を掘った後で埋め戻されています。
コンクリートの擁壁の下部分が軟弱地盤だと、擁壁そのものが重さを支えられず、傾いたり沈んだりして不同沈下が発生しやすくなります。
ゴミやガラ(建築廃材)などが埋められていたり、浄化槽などの埋設物除去後の埋戻しが不十分な造成地は、ガラが腐ったり、ガラや埋設物の間に土が流れ込んだりして 不同沈下 を引き起こします。

広範囲な埋土地盤は・・・
場所によって土の厚さが不均一であるため (例えば、旧谷地の土手と最深部)
中心付近の地盤が沈下と建物自重によって、
不同沈下 が発生しやすくなります。
その為、地盤に固い場所と柔らかい場所があり、
両方にまたがって家を建てると不同沈下が発生しやすくなります。


  液状化の調査について
この液状化現象については 東日本大震災の時に、数多くのニュースや 紙面で取り上げてられているので、あなたのお役に立てる情報だけ を取り上げさせていただきます。
地下水をたっぷり含んだ砂質の地盤は一般に「液状化」が予想されます。
粒度、間隙等のもっと詳しい解析や計算で、その安全性を確認しなければ支持層として安全だとは言えないのですが、それには相当の費用が必要になります。

先般 東日本大震災の影響で‘液状化現象’を心配している方が数多くいるいらっしゃいますが・・・ 実は、日本の歴史上 今まで わが国でも 大きな地震が起こるたびに、
この‘液状化現象’は起きていたのです


そして それは日本だけでなく、2011年2月のニュージーランド クライストチャーチの時に、 既に『世界で最大の液状化現象』 と云われていた事をご存知でしょうか?
・・・今まで通り・・・ 足もと(地盤)なんて 気にしない・・・
とも言っていられないのです。

現在の地盤を調べる際に
実は SWS・SS試験 ※ では 表層だけなので 判断しづらいのも現実なのです。
費用対効果 を考慮した上で、納得のいく方法を選択してください。
自分の目で地盤を見ることで 安心できるならば・・・
地中の試料採取 が必要となりますで
ボーリング調査 をお勧め致します。

先祖代々受け継がれた土地 若しくは 一生涯の土地を手にするのならば・・・
自分の地盤は知っておいても損は無いと思います。

「地盤の調査」 もお任せ下さい。
擁壁は地盤と 密接な関係にあります。

あなたの土地に的確な ‘地盤調査の方法’ をご提案いたします。



▲TOPへ戻る

TOP | サイト利用のメリット | 無料提案お見積 | よくある質問 | お問い合わせ | パートナー会社募集 | 運営会社
擁壁の工事で大切なこと | 他社の一括見積りとの違い | 施工例 | 擁壁豆知識 | 良心的な業者の選び方 | 見積書チェックポイント
このサイトを利用した方の声 | サイトを立ち上げた理由 | 擁壁工事安心見積サポート=5つのミッション=
トピックス(地盤に関連する最近のNews) | 住まいの「足もと」大丈夫? | 地盤に関して知っておきたい事
知っておきたい擁壁知識 | 公示されている申請書類一覧(助成金制度・融資斡旋制度等) | 知らないと損地盤の保険について
お問合せフォーム | プライバシーポリシー | パートナー会社募集 | サイトマップ
Copyright (C) 2011擁壁工事安心見積サポートnet. All Rights Reserved.